〒503-0025
岐阜県大垣市見取町2-77-4
tel.0584-81-5660
ホーム
医師のご紹介
当院のご案内
交通案内
診療案内

岐阜県大垣市の歯医者。インプラント、矯正歯科ならなかしま歯科へ。

QRコードを読み取ってモバイルサイトへアクセス
なかしま歯科通信
医院概要

なかしま歯科
国際ペリオ・インプラント・矯正歯科センター

〒503-0025
岐阜県大垣市見取町2-77-4
※エイデン大垣店前の交差点東100m

tel.0584-81-5660

Email:
nakashima-shika@beauty-smile-station.com

診療時間
9時-12時
14時30分-20時

△水曜午後は15時30分からの診療
□土曜午後は13時30分~19時の診療
休診日
日曜日・祝日・木曜日

地図

>>拡大地図はこちら

 

インプラント治療

トップページ»  インプラント治療

失った歯を取り戻すインプラント

インプラント治療がなぜ必要なのか
入れ歯の違和感があるので、インプラントにしたいという患者さんは、たくさんおられます。しかし、プロの歯科医師サイドの視点からは、違和感だけではなく、インプラント自体が、1本で30~40kgの力に耐えられるということが、最も重要なことです。

歯は咬む力で壊れる
中年になって、歯周病がある程度進行して、歯の周囲の骨が無くなり、加えて、虫歯で何本か歯を抜いたりすると、咬む力が、残っている奥歯の生理的な耐久レベルを超える作用をします。その結果、後ろのより強く力のかかる奥歯から、順番に、歯が抜けてしまうことになります。

入れ歯では咬む力を支えられない
咬む力が、歯にかかると、まず天然歯が、力を支え、それから、補助的に入れ歯が、力を受けます。入れ歯の下は、歯茎であり、天然歯の根元は、骨が支えていますので、入れ歯の方が、クッションの上、天然歯は、石の上に立っているのと同じこととなります。入れ歯を入れることは、咬む場所を作ることにはなりますが、咬む力を根本的に支える場とは、なりえません。

インプラントを入れることで歯の動揺が止まる
インプラントを入れることで、咬む力が分散され、それまで強い力にさらされていた天然歯に、正常レベルの力が加わるようになると、それまでグラグラだった天然歯の動きが、ピタリと止まります。インプラントを入れることで、さらに天然歯の寿命が伸び、患者さんの咀嚼も回復されます。

腫れと痛みの少ないインプラント

脹れと痛みの少ないインプラント治療
当院では、インプラントを骨の中へ入れていく際には、できるだけ患者さんの苦痛を取り除き、快適に過ごしていただけるようPRP法を施術に導入しております。

PRP法とは何か
現在注目されているPRP療法とは患者さん本人の血液中の血小板を遠心分離させ、 血小板を濃縮させた血漿を各種の手術などに用いることで傷口の治癒を早め、また骨の再生などを飛躍的に良くするものです。
患者さんご自身から採血した血液を遠心分離機にかけて何段階かに分離して作りだしたPRP(濃厚血小板血漿)を傷口にかけたり人工の骨補填材と混ぜて骨の薄い部分に入れたりします。
PRPはすべて患者さん自身の血液の成分から作られますので安全なうえアレルギーなどの心配もありません。この再生療法とも呼べるPRPを用いることで従来手術できなかった場所のインプラントも可能となり、合わない入歯に苦しんできた多くの患者さんの福音となっています。

傷口の治りの速さと術後疼痛の軽減
驚くべきことに、従来は傷口の閉鎖に7日程かかっていたものが、3~4日に短縮されます。しかも多くの患者さんが、手術翌日の痛みが無く、手術部位の脹れが最小限に抑えられます。大多数の患者さんが、鎮痛剤を必要としません。
これは、血小板の成分の中に成長因子が含まれており、この成長因子が、迅速な手術部位の創傷治癒をもたらし、ひいては、患者さんの痛みの軽減と脹れの減少、術後のQOLの向上をもたらします。
当院では、患者さんの快適性と迅速・確実な治療を実現するために、いち早くPRP法を臨床に導入しております。

当院のインプラント治療の特徴

お口全体のバランスを重視
インプラントをお口の中で長く機能させるには、残っている天然歯の歯周病や神経の治療、全体のかみ合わせのバランスが、とても大切です。そのため、十分な診査とご説明をさせていただき、綿密な治療計画に納得していただいた上で、治療を実施しています。

アフターケアの重視
インプラントを10年20年と口の中で機能させるには、3~6ヶ月おきのクリーニングとチェックが欠かせません。トレーニングされた歯科衛生士が、快適なアフターケアをお約束します。

インプラント治療の快適性・迅速性を追及しています
インプラントの場合、骨を新しく造ったり、軟組織を新しく作る場合があります。この際には、最新の再生療法を実施し、従来より20~30%の期間の短縮化を図っています。また、これにより、インプラント処置後の痛みと腫れを大幅に軽減しております。さらに、治療に顕微鏡を導入し、マイクロサージャリーを行い、さらなる痛みの軽減に努めています。

インプラントの審美の追求
現在のインプラントは、前歯の部分に関しては、殆ど、天然歯と見分けがつかない状態で、治すことが可能です。このために、新しい再生療法が、有効に機能します。

インプラント治療の流れ

  • 【初めての来院】
    初めて来院された方には、簡単な口腔内診査と検査をさせていただき、お口全体を踏まえた、インプラント治療のご説明をいたします。この後、お家に資料を持って帰っていただき、よく検討していただきます。
  • 【精密検査】
    インプラント治療を引き続きご希望される場合は、お口の型を採ったり、レントゲンを撮影したり、お口の中の写真を撮ったり、歯茎の状態を調べたりします。
  • 【詳しいご説明】
    お時間を十分にとり、インプラント治療のご説明をします。インプラント治療は、お口の中全体のバランスが大切なので、歯周病やかみ合わせの治療などについても、同時にお話しします。
  • 【本格治療開始】
    治療計画に納得していただければ、本格的に治療を開始します。歯周病の治療や歯の根の治療、かみ合わせの治療、場合によっては、歯並びの治療や天然歯の骨の再生療法も同時に実施します。
  • 【治療終了後メインテナンスへ】
    歯周病の治療やインプラントの治療が終了したら、3~6ヶ月おきのメンテナンスを実施し、インプラントと天然歯のクリーニングを定期的に行い、かみ合わせをチェックし、治療結果が、長く良い状態で保たれるようにします。

インプラント治療の費用と期間

分類 期間 費用
インプラント本体(1回法)+上部の冠 あご→約3ヶ月
上あご→約6ヶ月
250,000円
インプラント本体(2回法)+上部の冠 下あご→約3ヶ月
上あご→約5~6ヶ月
2回法の場合は、骨を造る場合があり、その場合は、さらに約4~6ヶ月かかることがあります。
300,000円
GBR加算
骨をインプラント周囲に新たに造ります。
約4~6ヶ月 1歯につき50,000円
CTG加算
前歯などで、新たに軟組織を盛り上げ、審美性を改善します
約1~2ヶ月 1歯につき50,000円
ソケットリフト加算
上あご奥歯の骨の高さを1歯ずつ、3~4mm垂直的に高く造ります
約5~6ヶ月 1歯につき50,000円
サイナスリフト加算
上あごの奥歯片側の骨全体を15mm位垂直的に高く造ります
約10~12ヶ月 片側につき300,000円
歯の周りに骨を造る再生療法 約8ヶ月。
再生後は、経過観察と歯周病のメインテナンスが、必須です。
1サイトにつき100,000円
※料金は税別になります。

歯の周りに骨を造る再生医療

歯周病で歯がグラグラする
歯周病が進行し、歯を支える骨が溶け始めると、、歯はグラグラ動くようになります。この症状が進行すると、歯は咬む力に耐えられなくなり、やがては自然に歯が抜け落ちたり、物が咬めなくなります。
このような場合、従来の方法では、抜歯をし、その後、入れ歯をお口の中へ入れたり、ブリッジをするのが一般的な処置でした。

歯の周りの骨を新たに造る再生医療
当院では、当院独自のノウハウと成長因子を用いて、歯周病によって失われた骨を、新たに造り、グラグラした歯を元のように動かない状態に戻す新しい治療を実施しております。

再生医療の治療の流れ
歯の周りに新たに骨を造る再生医療をご希望の方には、下記のようなシステムで、治療を実施しております。

初回来院 はじめに、レントゲンや歯ぐきの検査を行い、歯の周りの骨や歯周病の状態を詳しく調べます
2回目来院 30分~1時間かけ、お口の中の詳しいご説明を致します。再生療法に関してもこの段階で、詳しくご説明します。資料を同時に差し上げますので、お家で、今後どうされるかご検討をお願いします。
3回目来院 治療開始にご同意いただけた場合は、本格的な治療を開始します。多くの方は、歯周病の初期治療からスタートします。
続く 以後、治療終了まで、しばらく通院をお願いします
メインテナンス 骨が再生された後も、定期的に歯周病のクリーニングに通っていただいています。こうすることで、再生治療が、より長く良い結果を持続します。

インプラントQ&A

インプラントの治療は痛くありませんか
麻酔を十分効かせて行いますので、通常の抜歯と殆ど痛みは変わりません。インプラントの費用は高くありませんか インプラントは入れ歯とは異なり、殆どご自分の歯と同じ感覚で咬めるようになります。その使用頻度から考えて、自動車などと比べて、決して高いものではありません。
インプラントはどの位持ちますか
インプラントは、通常10年以上機能することを前提にしています。インプラントをお口の中へ入れた後、定期的なクリーニングとかみ合わせのチェックをすることで、さらに長く機能します。
インプラントの治療で大切なものはなんですか
患者さんと十分治療に関して、相互理解を深めることが一番大切です。2番目には、口の中全体を考慮した治療計画の中で、上手くインプラントを活かすことです。インプラント先にありきではなく、お口全体を考えたトータルなものの見方・考え方が必要です。3番目には、インプラントや歯のクリーニングを定期的にしっかり歯科医院で実施することです。
インプラント以外の治療の仕方はありませんか
インプラントは患者さんが快適に咬めるようになるための一つの手段です。歯の移植でも、インプラントと同様に咬む力を受け止める場所を増やすことができます。